一過性チック障害(小児の症状・治療・予後)

一過性チック障害とは?

 「チック」とは突然起こる反復性の運動や発声のことです。例えば、肩すくめ、瞬き、咳払い、舌打ち、喉を鳴らすなど様々で、無目的・無意識に突然起こります。
 チック障害は4歳~11歳の男の子に発症しやすく、全体で約1%の有病率であるといわれています。
 そしてチック障害には症状と発症している期間から、一過性チック障害、慢性チック障害、トウレット障害に分類されます。

 一過性チック障害は運動チックまたは音声チックが、一日に多数、そして症状が4週間以上続きます。

一過性チック障害による小児の症状

 一過性チック障害は器質性または心因性が原因であると考えられており、小児のチック症状が1つ以上あり、4週間以上続きます。
 なお、一過性チック障害の症状は4週間以上続きますが1年以上続くことはなく、多くの場合は自然に治ります。そして18歳以前に発症します。
 
一過性チック障害の治療

 一過性チック障害の治療には主に行動療法が有効と考えられています。
 また、心理的ストレスを悪化させないように、注意や叱責を避けることも大切になってきます。
 
一過性チック障害の予後

 一過性チック障害の予後は良好であるといわれています。

 

↓ 多くのお母様に見ていただきたいので「いいね」を押してください。ご協力お願いします。↓ 

関連記事ブログ

記事ブログ更新中!

こちら


 

たくさんのブログがあります。
 ↓ ↓


 

 

 

 

アスペルガー症候群・発達障害・ADHD・自閉症児を支えるための情報サイト