夜のトイレトレーニングと、おねしょ (夜尿症)

寝ている時のおしっこの仕組み ~夜間の排尿機能の発達
・ 抗利尿ホルモン
  寝ている間のオシッコの量を減らす「坑利尿ホルモン」の分泌が多くなる。
・ 膀胱の大きさ
  寝ている間にできるオシッコを、朝まで貯えておけるだけ膀胱が大きくなる。

と2つの機能が発達してくると、徐々におねしょをしなくなります。

抗利尿ホルモン
  寝ている間に多く分泌されます。おしっこ中の水分を、昼間より多く体へ
  再吸収させるように働き、オシッコを濃くして量を減らします。

夜のトイレトレーニングはできません
頑張っても夜のトイレトレーニングはできないようです。
昼間と夜間は、おしっこの排尿機能が違い、その発達も違います。
機能が発達してくれば、おねしょは自然になくなります。

発達には個人差があり、おねしょが無くなるのも子どもによって違います。
早いと、2歳半位でパンツに替え始める子もいるようですが、おねしょは
「小学校に入る6歳ごろまでには卒業しよう」くらいの気持にゆとりを持ってね。

機能がうまく発達するために
夜のトレーニングは出来ませんが、機能がうまく発達していくためのポイント
はあるようです。
トイレトレーニングというより、夜のおしっこの量を減らす「坑利尿ホルモン」が
しっかり出るために生活習慣を見直すという事の様ですね。

ぐっすり眠るために、生活習慣を見直そう

朝起きて、夜眠るという睡眠リズムが規則正しくなり、ぐっすり
眠れるようになる、「抗利尿ホルモン」の分泌量が増えます。
すると、おしっこの量が減り、おねしょが減っていきます。

<寝ているときは起こさない>
 夜中に起こすと、熟睡から覚めてしまい、坑利尿ホルモンの分泌量が
 減ってしまいます。また、睡眠リズムも狂います。
 夜中にトイレに行くと、その時間になるとオシッコを出す習慣が
 体について、かえって夜尿症にしてしまう事もあるようです。

<しっかりと遊ぼう>
 昼間は体を使って元気に遊び、夜は疲れてぐっすり眠れるようにしましょう。

<食事を規則正しく、塩分の取りすぎに注意>

 食事を規則正しく食べよう。
 食べた後2時間くらいは、食べ物を消化・吸収するために体が働いています。
 夕食の時間が遅くなり、食べてすぐ寝てしまうと、眠っているようでも体は
 起きています。この間、抗利尿ホルモンが出ないので、起きている時と同じ
 ようにおしっこを作っています。

 塩分の取りすぎに注意しよう
 味の濃いものを食べると、喉が渇いて水が飲みたくなりますね。塩分を取り
 すぎると、おしっこの量を増やして余分な塩分を体から出そうとします。
 すると、体の中の水分が足りなくなり、喉が渇いて飲み過ぎてしまいます。

<早寝早起き>
 早寝早起きは、ホルモンの分泌、自律神経などの体のリズムを整えます。

<冬は暖かく寝よう>
 冬は寒いので
 ・ 抗利尿ホルモンの分泌量が減る
 ・ 膀胱の容量が小さくなる
 ため、おねしょは冬に増えることがあります。
 寝る前にお風呂に入ってからだを暖めたり、布団も暖めておいたりして、
 暖かくして眠りましょう。

<叱らない、あせらない>
叱られると子どもにはストレスになっているかもしれません。
おねしょしなかった時は、ほめてあげましょうね。
▲ページの上へ

 

夜のトイレトレーニングの具体的な進め方-みんなの場合

--------------------------------------------------------------------------------

(^。^:こぐまっ子の家庭や、みなさんからのご意見をまとめてみると。

いつからパンツに?-こぐま先生から
さて、夜のオムツはずしですが、基本的には、朝までオムツが濡れていなかったら外してもOK!のサインですよ。

チェック
子どもが目覚める直前、おしっこをしているか、オムツをチェックしてみましょう。 濡れていない日が続けばOK!
ぐっしょり濡れているようなら、生活習慣を見直し、少し様子をみてね。

だけど、完全じゃない。時には失敗もある。この時期を乗り越える方法は?
寝る前にトイレ
寝る時に膀胱を空っぽにしておこう。

起きたらまずトイレ
夜中にはオシッコをしていないのに、起きてくるとドッサリ。
目が覚めてから、布団でごろごろしている時に、出ていたようです。
起きたらすぐトイレへ連れて行く様にしたら、もらすことも無くなりました。

寝ているときは?
完全に漏らさなくなるまでオムツにする?、もらしてもいいや!とパンツに?

 <完全おむつ派>
  叱っちゃいけないと思っても、洗濯、布団干し・・・。忙しい時、何日も
  続くとイライラしてしまいますね。

  ・おねしょをすると親の機嫌が悪いので、子ども自身かなりへこんでんで
   いました。両方のストレスになるので、おむつにしてました。
  ・パッド型の夜用紙おむつを使っていました。
  ・一日のパンツ スケジュール

      日中布パンツ
        ↓
      お風呂から出た時や、パジャマに着替える時オムツに履き替え
        ↓
      朝トイレへ行った後、洋服に着替える時 布パンツ


 <もらしてもいいや派>
  ・おねしょシート(パッド)を引いて、ぬれてもよい工夫をしています。
  ・失敗してもいいように、いつもタオルケットを2、3枚重ねて敷いて
   寝かせてました。もらしたら洗濯機ですぐ洗濯。
  ・おねしょシーツを敷いて寝かせてましたが、ちょうどシーツの敷いていない
   所でしてしまうんです。一生のうち一時のことですから、おしっこ臭い布団
   もみんなで我慢しました。冬は毎日布団乾燥機で乾燥。

成功したら誉めよう
 ・おねしょをしなかったら、すごーーーく誉めてあげ、お兄ちゃんになったね!
  と喜んであげましょう。
 ・朝起きてすぐトイレに行ったら、すごーいおりこうさんだね。
  おしっこいっぱい出たね。と誉めまくっていました。

皆はどうだった? 失敗談
簡単に取れちゃった
 ・うちの場合は、昼間がとれると同時に夜もとれました。
 ・夜水分を控えなくても、ほとんどおねしょはしませんでした。

失敗談
 ・毎日のようにおもらしをしていました。
 ・うちの子は、スイカが好きで夜食べ過ぎると必ずおねしょをしていました。
 ・冬寝ている間に毛布が体にぐるぐる巻き付いていて布団だけはセーフ

いつまでも続く・・・
おねしょは、いろいろな原因でなるようです。
悩んでいるなら、5、6歳を過ぎても、おねしょが減らない時には、
お医者さんに相談をしてみてくださいね

 

(こぐま保育園 から)

↓ 多くのお母様に見ていただきたいので「いいね」を押してください。ご協力お願いします。↓ 

関連記事ブログ

記事ブログ更新中!

こちら


 

たくさんのブログがあります。
 ↓ ↓


 

 

 

 

アスペルガー症候群・発達障害・ADHD・自閉症児を支えるための情報サイト