小学1年の子どもが頻繁におねしょ…どう対処すべき?

 

おねしょは、失敗してしまった本人も落ち込みますし、親もがっかりした気持ちになり、汚れた寝具の掃除など負担も生じます。子どものおねしょに悩むママからの相談に、看護師さんたちはどのように答えているでしょうか。

 

 

ママからの相談:「対策しても子どもがおねしょしてしまいます。受診すべきでしょうか?」

小学1年生の子どもが、夜のおむつが取れず心配です。毎日ではありませんが、寝る前の水分調節とトイレを済ませても入眠1時間でおねしょしている状態です。トレーニングも試しましたが、夜中に何度も取り替えるので子どもも寝不足から不機嫌になったりしたため、結局おむつで寝かせています。もともとトイレが近い方なので尿をためておく機能が未熟なのかと思ってはいますが、一度受診した方がよいのでしょうか。(30代・女性)

 

 

おねしょの原因は尿量のコントロール不足

腎臓などの機能が未発達である、ホルモンのバランスが悪いなどの理由で、尿量がコントロールできないことがおねしょの原因であると教えてくれました。

『小さいお子さんは、膀胱や腎臓の機能が未熟なこと、膀胱の容量が少ないことで、長時間おしっこをためられません。また、寝る前に排尿しても残尿がある場合や、夕方以降の水分を調節しても夜間の排尿が多い子もいます。尿量のコントロールをしている抗利尿ホルモンは、成長と共に夜間の分泌量が増え、寝ている間の尿の生成を抑えます。夜尿症の原因は、自律神経と抗利尿ホルモンのバランスが悪いことがほとんどです。(精神科看護師)』

 

 

プレッシャーは逆効果

おねしょをしてしまったことを怒ったりプレッシャーを与えると、ストレスになり逆効果です。子どもが安心して眠れる環境を整えてあげましょう。

『対策として、怒らない、焦らない、夜中に起こさないが基本です。おねしょをして怒ったり「もう小学生なのに」とプレッシャーを与えると、ストレスになり逆効果です。また、夜中に起こすと抗利尿ホルモンの分泌が低下するので、無理に起こしてシーツを取り替えたりするのは避けてください。トレーニングパンツをはかせて防水シートをひき「おねしょしても大丈夫だからね」と、お子さんが朝まで安心して眠れるようにしてください。(精神科看護師)』

『夕方以降は塩分も控え、夜間は身体が冷えないようにしてください。おねしょしなかった時は大いに褒めてください。(精神科看護師)』

 

 

おねしょが続く場合は、受診の検討を

6~7歳以降もおねしょが続く場合は、受診したほうが良いようです。目安についてもアドバイスがありました。

『水分をコントロールしても夜間の尿量が多い場合や、週の半分はおねしょする場合は、身体的機能に問題があることもあるので、病院を受診してください。(精神科看護師)』

『一般的には、6~7歳になっても夜尿がつづく場合は、生活指導やお薬による治療などをした方がよいと言われています。小児科での相談を検討したほうがよいかもしれません。(一般内科看護師)』


寝る前の水分調整を行い、防水シーツなどで安心して眠れる環境を整えてあげましょう。怒るのは逆効果です。夜尿の回数が多い場合などは、受診を検討するとよいでしょう。

                                                                                                             イクシル

 

おねしょが治らない8歳の息子…治療は必要?

 

小学生の子どもが、おねしょをすることはよくあることです。しかし頻繁にあるとママも心配になります。8歳の息子が夜尿症かもしれないと悩むママに、医師や看護師さんの答えとは?

 

 

ママからの相談:「8歳の息子のおねしょが治らないのは夜尿症でしょうか?治療は必要?」

 

8歳の息子がおねしょに悩んでいます。多いときは3,4日続き、しかも2週間位は続きます。その後1カ月程は落ち着いて、また何度か繰り返す感じです。長期の休みに入ったときや季節の変わり目に特に増えます。夜尿症でしょうか?その場合、治療は必要ですか。おねしょをしたこと自体は叱っていませんが、着替えを嫌がったりすることに対しては叱っています。対応が悪いのでしょうか。治療以外に親ができることがあれば知りたいです。(30代・女性)

おねしょは膀胱の大きさや夜の尿量に関係

 

おねしょは、夜間の尿の量が多すぎる、膀胱が小さい場合などに起こるようです。生活面の注意点も教えてくれました。

 

5~6歳以後の夜尿を夜尿症といいます。夜尿症の頻度は意外に高く、小学校低学年でも10%前後、高学年でも5%程度に認められるといわれていますので、8歳で症状があっても珍しくはありません。12歳を過ぎると改善することが多いようです。(内科医師)
ストレスでもおねしょをする子もいますが、身体の機能が原因のことがほとんどです。子どものおねしょは、夜間の尿量が多い場合と、膀胱が小さい場合の大きく2つに分けられます。(産婦人科看護師)
就寝中は抗利尿ホルモンが働き、尿量が減るのですが、ホルモンのバランスが崩れたり、抗利尿ホルモンの分泌が少なかったりすると、夜間の尿量を減らすことができません。また、膀胱が小さいと、尿をためておくことができずに、おねしょをしてしまいます。(産婦人科看護師)
抗利尿ホルモンは就寝中に分泌されるので、夜中に起こしてトイレに行かないでください。夕方からは水分を控えて、寝る前2時間位は水分をとらない、食事では塩分も控えましょう。寝る前にトイレに行かせ、夜間に身体が冷えないようにしましょう。規則正しい生活リズムを作り、よく眠れるように昼間はよく遊ばせてあげてください。(産婦人科看護師)

叱らずに見守って。あまり頻繁な場合は受診の検討も

 

自然に治る場合が多いようですが、頻繁な場合や、1回のおねしょの量が多いようなら、治療も考えましょう。

夜尿症の多くは様子を見ていれば治るので心配いりませんが、長い時間を要する場合もあります。もしお子さんが夜尿をしていることで自信を喪失し、心理面、社会面、生活面に様々な影響を与えているのであれば、病院で薬による治療を受けてもよいかもしれません。(内科医師)
叱るとさらに自信をなくしていく可能性があります。叱らないようにして見守ってあげて、続くようであれば病院を受診してみてください。(内科医師)
週の半分以上おねしょする場合、1回のおねしょの量が多い場合は、泌尿器科で問題がないか調べたほうがよいと思います。(産婦人科看護師)
おねしょをしても叱らず、長い目で見てあげてください。話をよく聞いて、お子さんが自分の気持ちを伝えられるように、お母さんはいつも味方だということを話してあげてください。(産婦人科看護師)

自然に治る場合がほとんどですが、頻繁な場合やお子さんがおねしょで自信を失っているようなら、受診も検討してみましょう。

 

↓ 多くのお母様に見ていただきたいので「いいね」を押してください。ご協力お願いします。↓ 

関連記事ブログ

記事ブログ更新中!

こちら


 

たくさんのブログがあります。
 ↓ ↓


 

 

 

 

アスペルガー症候群・発達障害・ADHD・自閉症児を支えるための情報サイト