チック症

チック症は、子どもの心の病気の一つで、無意識に身体の一部を目的も無く動かします。

そのような動作は落ち着きの無い子どもとも見て取れます

首を振る、まばたきをする、顔をゆがめる、鼻を鳴らす、手足をびっくと動かす、突然声を上げる、咳払いなど一つの動作を繰り返し起こします。

7歳くらいの子どもに多く見られ、原因は心因性のものとなっています。

身体の一部が無意識に動いてしまう病気には、脳炎やマンガン中毒などもありますが、特に身体に異常が無ければ精神的な問題を考えてみる事です。

本人にも無意識ですから、止めようと思っても止める事ができません。

きっかけは、精神的なストレス、不安、緊張などで起こります。

親がうるさく躾をしすぎるという原因が関係している事もあります。

生活的には感受性が高く、自己主張の強い、優しい性格の子どもに多く見られます。

子どもでも精神的なストレスによって一時的にこのような症状が現れることは少なくありません。

多くの場合は短期間で症状が消失しますが、症状が長く続くようであれば、精神的なストレスを特定しリラックスできる環境を作り出してあげましょう。

親が口うるさく言うのは避け、子どものペースで物事が行えるようにしましょう。

通常は周りが対処することで成長と共に自然と治りますが、症状が長引いてしまう場合では薬物療法を行う事もあります。

中には脅迫神経症に移行する事もあるので、様子を見て小児科や精神科を受診するようにしましょう。

↓ 多くのお母様に見ていただきたいので「いいね」を押してください。ご協力お願いします。↓ 

関連記事ブログ

記事ブログ更新中!

こちら


 

たくさんのブログがあります。
 ↓ ↓


 

 

 

 

アスペルガー症候群・発達障害・ADHD・自閉症児を支えるための情報サイト