お子さんのチック症にお悩みの方、ご覧下さい

 

お子さんのチック症にお悩みの方が増えているそうです。

 

そこで 、チック症に関係する情報をまとめてみました。

 

参考程度にご覧になってください。

 

そして、カウンセラーの方にご相談ください。

 

未就学児は、専門の医院に、

 

小学生でしたら、学校を巡回しているカウンセラーに相談されると宜しいかと思います。

 

数多くの経験を基にアドバイスをしてくださいます。

 

とにかく、専門の方に症状をお話ください。

 

 

お子さんを、貴方の価値観の枠内にはめ込もうとしていませんか?

 

 

お子さんのチック症を治すために、お子さんを変えようとしていませんか?

 

お子さんを変えようとするのではなく、

お父さま、お母さまが、お子さんに対する接し方を変えてあげることが、お子さんのチック症を治す第一歩なのではないでしょうか。

★関連記事ブログ

★子育て参考記事の紹介

・子どもに使ってはいけない10の言葉(と代わりに使うべき言葉) >>コチラ

☆新聞記事

2014年5月10日 掲載   『「夜尿症」は病気 適切な治療と正しい生活リズムを』

☆新聞記事

2014年3月7日 掲載   『チック症をやめさせたい』

☆新聞記事

2013年6月25日 掲載   『発達障害児の通級が6年間で約4倍に』

図書館コーナー

●「月刊ポピー」は新学社が発行している月刊教材です。
幼児教材~中学生教材まであり、特に小学生・中学生教材はお使いの教科書に合わせてお届けします。

 

●2011年 脱ゆとり教育。
小学生は学習指導要領の改訂に伴い、授業も教科書もかわりました。
授業時数は約5%、教科書のページ数は平均25%増え、授業をフォローした家庭学習がますます重要になっています。

「月刊教材 小学ポピー」で勉強して頂くと、家庭学習の習慣がつきテストの対策もばっちり。
テストで良い点が取れたと大変好評いただいております。

 

●中学生は2012年新学習指導要領の改訂に伴い、教科書が数学33%、理科では45%も増えています。
「月刊教材 中学ポピー」は定期テスト対策問題集などもついており、詳しい答えと手引きがあるので部活で忙しい中学生にもぴったりです。

 



ブログ



↓ 多くのお母様に見ていただきたいので「いいね」を押してください。ご協力お願いします。↓ 

関連記事ブログ

記事ブログ更新中!

こちら


 

たくさんのブログがあります。
 ↓ ↓


 

 

 

 

アスペルガー症候群・発達障害・ADHD・自閉症児を支えるための情報サイト